61kru8v+ZdL__SX458_BO1,204,203,200_

年始の衝動的買物

Posted on Posted in スタッフブログ

ここ最近、夜はテレビ番組はほとんど観ずに良く映画を鑑賞して過ごすことが多い、時代が変わってレンタルもビデオテープが消え、DVDに変わってレンタル店で選んでいたのが、ネットで選んで送ってもらうようになり、最近はネット配信で観る事が多くなって来た。好きな時に好きなものを観れるので便利。(面白い物を見つけたときは続けて観てしまい夜更かしの危険大)

特にジャンルは無いのですが、目を引いたものから話題作まで何でも観ている、お気に入りは、映画では無いが、海外ドラマのブレーキングバット、これはかなりはまっていて全シーズン3回は見ていると思う。

最近は、涙腺が弱くて、洋画では泣かないのですが、邦画では術数にはまって良く泣かされています、以前は映画を見て泣くなんて事は無かったが、良く泣かされる。去年もドラえもん、ビリギャルですら泣かされた。映画館では恥ずかしいが、自宅ならまだマシです。

ここで表題と写真の漫画の訳がわかったと思いますが、ビリギャルの中で日本史の勉強に漫画を読む場面が出てくる。自分も小学生のとき、2巻ぐらいまで、おこずかいで買った記憶があるのだが、その時は最後までは読まないで終了、そのせいか中学の時は嫌いな科目ナンバー1で丸暗記で試験に挑んでいました。映画を観てへーと関心してそんなんで、日本史に少しは興味が出れば良いねと感想を持ちました。その後、インターネットを使うと、この漫画の広告が表示されるようになり、表題の通り衝動買いです。もちろん大人ですから全巻まとめての大人買いです。ちょっと勿体無いとは思いましたが、もうすぐ小5の姪っ子が誕生日でプレゼントをくれとおねだりされたので、読み終わったら、偉そうにプレゼントにする予定。そんな訳で本のカバーをはずして、折れたり・汚れないよう注意して読書中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。